mintの生きるたび美しくなることば

すべての愛で生きたい人へ.. ありのままの自分自身の美しさには、終わりがないんです。(*^^*)

目指す

こんにちは。


昨日から
かなり食べているのですが

すごい力がわいてきます(*^^*)
(それが原因かはわかりません。)





がんばって報われないと思うのは、

本当にそれがやりたいわけじゃないから。


本当にそれ自体をすることが好きなら、

報われない…という、
報われることへの期待の気持ち自体が、出ないはず。
"それをやること自体"が楽しいから。


うまくいかないことがあっても、
失敗しても、

本当に好きなら、

それらは関係ない。

だからこそ、好きなんだと思う。



やりたいことをやっている
それ自体に満たされる。

それが内発的動機づけ。(*^^*)

そう思います。

もちろん、それをやっていて、うまくいったときは、最高にうれしいと思います。(*^^*)


やってみて、ちがっても、

別にいい。


もしかしたら
これが自分のやりたいことかもしれない、という自分の気持ちで、自分の身体でやってみたからこそ、
ちがう、とわかるわけだから。



そうやって、自分の意志でやってみた経験は必ず、本当の
自分のやりたいことにつながっているのだと感じています。


私たちは絶えず変化しているから、
途中で目指すところが変わることも、あると思います。



目指すところから

恐れて逃げ続けるのが
ただ苦しいだけ。


私たちの中に、明確なもの(愛)は確かにあるから。


そんなふうに感じています。



帰属に関して、
ケリーの、因果スキーマモデルというのがあります。(有斐閣心理学辞典より)

その中でも、複数十分原因のスキーマは、

複数の原因のうち、どれか一つが存在すれば、他の原因は存在してもしなくても、結果が起きる

というもの。


たとえば、お金をもらってなにかをしている時、


そのことをやる原因は、

お金がもらえるから(外発的動機)
と、
それが好きなことだから(内発的動機)

と、複数あるとします。


すると、その行動自体は発生しますが、


お金という報酬をもらって行動しているため、
内発的動機(自分の内から出てくる本当にやりたい!)の存在が、不明瞭になる。


これを表現したのが割引原理で、

報酬とか、社会的な役割とか、集団からの圧力とか、

行動を促進しやすくする原因がある状況で、なにか行動が起こると、

それをした人の自発的な意図(やりたいからやる!)が
低く推定される


ということです。


例えば、

お金とか、いろいろもらうから、それをやってしまったり、
やれ、と言われたから、やってしまったりする時、

あれ?これ本当にやりたいからやっているのかな…??

みたいになってくる感じだと思います。

周りからもそう見えたりする。



逆に、割増原理と言って、

障がいや、反対、損失があるのにも関わらず、

ある行動をとった場合、

その人の意志、能力などが強調されると言います。


いろいろ壁があるけど、

「~をやりたい!」が本気だから、

やったんですね、


みたいな感じだと思います。(*´ー`*)



この理論、わたしは、すごく感じるところがありました。



今回の仕事をやめる前、


やめてみないと、実際自分がどう思うかがわからない、
自分の本当にやりたいことが何なのかがよくわからない気がするな。。

と、思いました。


退職をし
引っ越しし、
物がほとんどない場所で引きこもりたかった理由も…

少しちがうとは思いますが、

納得してきます。

クリアな状態で、自分がどう出るか、見たかった。笑


本当に自分がやりたいことを
やるっていうのは、

簡単に見えて、


いろいろ状況や刺激や、それに対する自分の気持ちなどがごちゃごちゃしていると、
見えづらくなっていました。(わたしの場合です)

わたしは、それだけ、軸がブレやすかったんだと思います。


でも、今、


興味あってやっている作業(やりたいこと)があるんですけど、

それを中心にすえて?
生きていく

と、やっと決めつつありました。



引きこもり自体は、


遅くても1か月後くらいで終わることにはなるのですが、


おそれや不安からの行動や思考

から最大限自由になって

出ていこうと思いました。